人気ブログランキング |
2010年 10月 08日 ( 1 )
太陽を追いかけて
d0127778_9171675.jpg
d0127778_9172320.jpg



写真上 : 北九州市小倉北区、到津の森公園、フラミンゴ
写真下 : 北九州市小倉北区、小倉駅前


今週、立て続けに秋の保育園行事の運動会とバス遠足が終わりました。
食欲の秋とか言いますが、ここ最近体重がいつもより+2~3キロで定着しつつあります。
冬支度としては時期が早いようだし有り余る変化で少々困惑してます。

現在開催中の展覧会をいくつか紹介です。

● YANYA SCRIPT1 「だから運転手さん、家まで」

言葉をめぐる3人連続個展

南たえ子展「39°22′N 141°07′E sur la terre」
会期:10/4~10/16    在廊日:10/4 10/9     オープニングパーティ:10/4 18:00~

鈴木淳展「だれもいない、ということもない」
会期:10/18~10/30 在廊日:不定期   パーティ:10/23 18:00~

・原田俊宏展「YANYA再襲撃」
会期:11/2~11/13    在廊日:未定


Gallery YANYA (YANYAツイッターはこちら
〒824-0032福岡県行橋市南大橋五丁目1-8
T/F 0930-22-7857
Mail dons-den@mxs.mesh.ne.jp
open 11:00~18:00


先日、一人目の南さんのオープニングにお誘いを受けお邪魔してきました。
好きな作品です。近づいて観ても、離れて観ても、素敵です。
インスタレーションビューの撮影依頼承りました。
その場に次回二人目として展示される鈴木さんも来られたのですが、
鈴木さんは写真展示だそうです。SCRIPTというテーマを写真を用いてどう表すか楽しみです。
しかし、ご本人は「僕の写真展は、写真家に評判が悪いからなぁ」と。
そういうことの方が僕はますます気になります。
三人目の原田俊宏さんは津屋崎現代美術展でご一緒した方で、
その時の作品の流れを汲んでいるとかいないとか、、、
「襲撃」をしかと目撃すべく足を運びたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● Re:Re:「リンカクしか無い記憶」

作家名:ニホヒロノリ
期 間:2010年9月30日[木]-10月17日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:18:00-23:00(日曜13:00-18:00)
料 金:無料
場 所:IAF SHOP* (福岡市中央区薬院3-7-19-2F)


◎展覧会内容
日々撮り溜めたデジカメ写真。そこから重要だった筈の要素が欠落したデータを「リンカクしか無い記憶」と捉え、写真という名称のデータがハードディスクに溜まってゆく様を空間に視覚的再現を試みる展覧会。
これまでに福岡・北九州で展覧会を行い、本展ではインスタレーションの他、関連作品として平面作品・映像作品を展示予定。

◎関連イベント
10月16日[土]19:00よりクロージングパーティ。
参加費700円(1ドリンク・軽食付き)

◎作家HP:「photrash



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次は、熊本市現代美術館の写真関係の展覧会(開催中)です。


●「サイコアナリシス:現代オーストリアの眼差し」展

内容:現代オーストリアの写真と映像表現の魅力を「身体と建築」をテーマに紹介。

出品作家:
ビッター/ヴェーバー Bitter&Weber、マリア・ハーネンカンプ Maria Hahnenkamp、ウルズラ・マイヤー Ursula Mayer、マルクス・シンヴァルト Markus Schinwald、アグライア・コンラート Aglaia Konrad、アンドレア・ヴィッツマン Andrea Witzman、ドリット・マーグライター Dorit Margreiter



●「古屋誠一 Mémoires.(メモワール.)」

内容:1985年に起きた古屋の妻クリスティーネの突然の自死をきっかけに始まりました。二人の出会い、結婚、出産。一人息子を育てながら病に苦しんだクリスティーネと、彼女とともに過ごした古屋のプライベートな時間が、中欧の激動の時代の記録とともに写し出されます。


上記のいずれも、

会場:熊本市現代美術館
展覧会期:2010年9月18日(土)~11月28日(日)
休館日:火曜日、ただし11月23日(火・祝)は開館し、翌日休館
開館時間:10:00~20:00(展覧会入場は19:30まで)
観覧料:一般1000(800)円、高・大学生500(400)円、小・中学生300(200)円、熊本、福岡、鹿児島市内小・中学生は無料(名札など証明できるものをお持ち下さい。)( )内は前売り及び20名以上の団体料金、ただし、小・中学生は団体割引のみで前売りはありません。身体障害者手帳等をお持ちの方、または熊本、福岡、鹿児島市民で65才以上の方は割引があります。
*上記の入場料は、同時開催の「サイコアナリシス 現代オーストリアの眼差し」展との共通料金で、単券はありません。
*開館8周年記念として10月11日(月・祝)は入場無料

by nagaanu | 2010-10-08 10:21 | ●福岡写真展情報