カテゴリ:●映画( 10 )
公園、図書館経由、サイクリング
d0127778_1559356.jpg



写真 : 田川市伊田、武徳殿、川渡り神幸祭


お祭りと写真講座の初日が終わり、張り詰めていた糸が緩んでる感じです。
次は運動会。
子供たちも毎日練習で若干疲れ気味です。

さて、
特にネタがないので、
強引に写真繋がりで、観たい映画のご紹介。

「東京公園」
監督・脚本/青山真治
原作/小路幸也「東京公園」(新潮文庫刊)
出演/三浦春馬、榮倉奈々、小西真奈美、井川遥ほか
上映時間/1時間59分


カメラマン志望の大学生・光司は、時間があると公園に出かけ、そこで遊ぶ家族に声をかけ、写真を撮るのが好きだ。ある日、ベビーカーを押しながら散歩する美しい女性を見かけ、思わずシャッターを切ると「なに撮ってるんだよ!」と彼女の夫から怒られる。しかし、その数日後、その夫から「妻の写真をこれからも撮って自分に送ってくれ」という依頼が。女性は幼い娘と共に、東京のいろいろな公園に毎日のように出かけているという・・・。

公式サイト/http://tokyo-park.jp/
6月18日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー



福岡では、博多駅とトリアス久山で6/18より公開のようですね。
青山真治監督のラブストーリー、気になります。切なそう。

東京のいろんな公園が出てくるようですね。
僕は公園が好きなんです。
東京にいた頃、子供も小さかったりしたのもあって、
休日はよく公園に出かけてました。(今でもよく行きますが、)
新宿御苑、代々木公園、井の頭公園、和田堀公園、石神井公園、昭和記念公園、葛西臨海公園、
野川公園、哲学堂公園、蚕糸の森公園、大田黒公園、小金井公園、神代植物園、上野公園、、、
まだまだありますねぇ。
一つ一つの公園を思い出したら、様々な思い出も自然に蘇ります。
今の田川の自宅よりも、いくつもの公園が身近にあって生活に密着してました。
そこで写真もよく撮りました。
きっと幾つになっても公園にはお世話になることでしょう。
[PR]
by nagaanu | 2011-05-25 18:15 | ●映画
交叉配列
d0127778_1335225.jpg


写真 : 田川市松原、炭住(炭鉱住宅)

好きな映画監督の一人ガス・ヴァン・サントの映画「ミルク」(2008アメリカ)を観た。レンタルで。
自らゲイであることを公表した政治家ハーヴィー・ミルクの生涯を描いた伝記映画で
主人公をショーン・ペンが演じアカデミー賞主演男優賞と脚本賞を受賞。(MILK公式サイト

映画としてはさておき、考えさせられた。 ゲイのこと、同性愛者のことについて。
日本はどうなってるんだろう、同性愛者の権利。
すごいなアメリカって。


ゲイの人たちの事でよく考えてしまうのが「感性の豊かさ・鋭さ」
作家やアーティスト、ファッション業界?にゲイが多いのは事実で「何でかな?」となる。
ちなみにガス・ヴァン・サントもゲイで公にしている。
他の業種だとオープンにできない、理解が得ずらいということもあるだろう。
でもきっとそれだけでない。


前に写真家のティルマンスはこんなこと言ってた。(当日僕は目の前で聞いた)

世の中で大きな確信を持って「これが上品である」、「これが格式がある」、「これが価値がある」、「これが美しい」と思っている人たちの基準というのが、実は全く何の根拠もなかったり、偽りの根拠に基づいていたりする場合が往々にしてある訳です。
僕自身、ゲイなので、本当に若いときから、自分が美しいと思うことが世の中では罪だと見られてしまうことに気づいたんです。そういう風にして一人一人が自分のことをちゃんと見極めて、「これはこういうものだ」とかたくなに思い込まないということですね。こうだと思い込んでいたことが、次の日には全部ひっくり返ってしまうような事態になるかもしれない。そういうことを常に自分のなかの可能性の一つとして持ちながら、自由に流れていくという考え方を持ち続けることが大事だと思っています。(ヴォルフガング・ティルマンス アーティスト・トークより)



同性愛者はものすごく大きくて特別な何かを背負って生きているのだろう、
と、ストレートの僕にはとてもありきたりで軽い言葉になってしまう。  知りえない感覚。


三島由起夫も、ランボーも、コクトーも、ウォーホルも、メイプルソープも・・・。




[PR]
by nagaanu | 2009-11-06 23:58 | ●映画
MILK
d0127778_121083.jpg
d0127778_1213662.jpg


写真上 : 田川市川端町、薔薇の棘
写真下 : 飯塚市、飯塚病院、レントゲン写真(術後)

急に寒くなりましたね。
みなさん風邪などひかれませんように。
長男あらたの小学校は先週金曜からインフルエンザで休校。
田川でも流行ってるらしい。
原則外出禁止。 トランプ、DS、DVD、将棋、テレビ、LEGO・・・ネタ切れ。


あおい、来週の月曜に左肘の2本のワイヤーを抜くことになった。(写真参照)
すごい怖がってるけど頑張って乗り越えて欲しい。
局所麻酔してても大泣きだろうなぁ。今度は側にいるからね。


今日、家のキウイ収穫。 バケツ2杯。
熟するまでまでもうしばらく時間がかかるみたい。
コンポートにして・・・ヨーグルトと・・・かなぁ。  ジャム・・・。  う~ん。

秋ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時間出ました。

●『美代子阿佐ヶ谷気分』トークイベント

11/14(土)  20:15~21:41 本編上映
          21:45~22:30 トークイベント


場所: KBCシネマ 福岡市中央区那の津1-3-21
TEL: 092(751)4268


ご入場料金 ¥1500均一 シニア¥1000

講師:宮本大人氏(北九州市立大学准教授、マンガ史研究)
司会:茶園梨加氏(九州大学院生、日本文学研究)





[PR]
by nagaanu | 2009-11-03 12:05 | ●映画
こどもたちのいるところ、おとなたちのいるところ
d0127778_1219137.jpg


写真 : 田川市魚町


新作映画『かいじゅうたちのいるところ』が観たい!

僕の小さな頃の大好きな絵本のひとつ「かいじゅうたちのいるところ」がなんと実写映画になった。
しかも監督がスパイク・ジョーンズときたらがぜん気になる。
制作にあたり、3年を脚本に費やし、半年かけて資金を調達。そして1年がかりでコスチュームを作り上げ、撮影と編集には1年半もの時間をかけた。らしい。
どんな映像を見れるか楽しみだな。

●『かいじゅうたちのいるところ』 (公式HP
英題: WHERE THE WILD THINGS ARE ( 2009年 アメリカ、2010年1月日本公開 )
監督・脚本: スパイク・ジョーンズ
原作: モーリス・センダック



小さな頃絵本を読みながら主人公のマックスに親近感みたいなものを覚えたなぁ・・・。
子供心はファンタジーだ。


[PR]
by nagaanu | 2009-10-27 12:44 | ●映画
まなざし
d0127778_10512177.jpg
d0127778_10521460.jpg


写真上 : 田川市伊田、ススキ
写真下 : 飯塚市柏の森

ごぶさたしております。
ブログが週刊になってきた。
中身は無くても写真だけでもアップするようにして「僕はここにいます」って言いたい。


以前ブログに(詳細)映画「美代子阿佐ヶ谷気分」と原作者、安部愼一さんのことを書いたんだけど、
その映画の福岡での上映が決まった。

●「美代子阿佐ヶ谷気分」
KBCシネマ 11/14 ~11/20  ※レイトショー デジタル上映(*DLPプロジェクター)

初日、『美代子阿佐ヶ谷気分』トークイベントを開催。

・『安部愼一の(風景)』
11/14(土) 『美代子阿佐ヶ谷気分』上映終了後予定

 講師:宮本大人氏(北九州市立大学准教授、マンガ史研究)
 司会:茶園梨加氏(九州大学院生、日本文学研究)
 企画:西南学院大学「ことばの力」養成講座



14日行けたら行きたいな。
デジタル上映なのは少し残念だけどトークイベントがあるのなら足を運ぶかなぁ。
本人のいない所でこんなトークがなされていたと安部さんに報告してあげよう。
そう、先日安部愼一さんに実際お会いすることができて
光栄にも「(自宅に)毎日来てもいいよ」と言われたのだぁ。
近いうちにまた行こ。


[PR]
by nagaanu | 2009-10-23 11:45 | ●映画
浅草生まれのチャップリン、満月とセロリ
d0127778_1103679.jpg


写真 : 小倉南区平尾台、自然観察センター、コウモリ(作り物)

レンタル屋さん仕入れてくれるかな、このDVD。 
若木信吾初監督作品 『星影のワルツ』、9月3日リリース。

2004年の7月に、祖父若木琢次が他界した。それまで、祖父の写真を20年間撮り続けてきた。それは、僕の写真歴と重なる。そんなに同じ被写体をなぜ撮り続けられるのかとよく言われるが、一人の人間というのは、そのくらい謎なのだと思う。 この映画の脚本を書いていた頃、祖父はまだ生きていたが、足腰が不自由になっていて、外にもなかなか出られず、一日の大半は、自分の部屋で過ごしていた。
僕は、祖父と写真を撮りに出かけるのが好きだった。ずっとそうしていたかった。そんな思いで、脚本を書いた。だからこの映画の半分は、実際に起こった事ではない。
僕が祖父にして欲しかった事、それを眼の前で見たくて、この映画を撮った。  若木信吾 (映画公式HPより)



●『星影のワルツ』、
脚本・監督・撮影:若木信吾
CAST : 喜味こいし、山口信人、渥美英二、磯部弘康、神崎千賀子、影山宜伸、吉井裕海

・プロフィール
若木信吾 わかぎしんご
(フォトグラファー/映画監督)
1971年3月26日静岡県浜松市生まれ。

ニューヨーク州ロチェスター工科大学写真課卒業後、The New York Times Magazine, Newsweek, Switch, Elle Japon, HF, coyoteをはじめ、雑誌・広告・音楽媒体など、幅広い分野で活躍中。また2004年6月から雑誌「youngtreepress」の編集発行を自ら手がけるほか、第一回監督映画『星影のワルツ』が、2008年ロッテルダム国際映画祭タイガー賞にノミネート、シカゴ国際映画祭新人賞にノミネートされた。

若木信吾公式HP


若木さんたまにラボで見かけたなぁ。
気さくで飾らない感じがいいなとその時思ったりした。
何かのトークショーではプライベートの?ムービーを上映しててすっごく素朴だった。
写真や活動も何だか若木さんらしさがにじみ出ているような気がする。

今夜はオランダ戦。
日本のサッカーが世界にどれだけ通用するのか?
ランキング3位対40位の差はどんなもんか?
本田くんに期待したい!といっても日本守ってばっかりかも・・・。


[PR]
by nagaanu | 2009-09-05 11:18 | ●映画
KIDS WITH CAMERAS
d0127778_1322357.jpg


写真 : 田川市伊田、コード配線

最近観た映画。ドキュメンタリー映画。
「未来を写した子どもたち」
第77回アカデミー賞の最優秀ドキュメンタリー賞受賞作品。

写真を通してこんな形で社会に貢献できるんだと何だかいろんな気持ちが膨らんだりした。
今回これは写真・カメラだったけど、もちろん別のツールでも考えられる。
ただ僕は写真をやっているのでストレートにビビッと来た訳である。
子供向けの絵画教室はたまにあるけど写真教室は見たことないなぁ。
「KIDS WITH CAMERAS」素晴らしい!
興味ある人は見てみて下さい。レンタルされてます。

●未来を写した子どもたち ( 2004年アメリカ )
 
  監督・編集・撮影: ロス・カウフマン  監督・撮影: ザナ・ブリスキー

インド・コルカタの売春窟で生まれ育った子どもたちが、カメラを通して外の世界へと飛び出していく姿を追ったドキュメンタリー。売春婦たちの取材に訪れた女性カメラマンが、子どもたちに写真を教えるだけではなく、多くのチャンスを与えようと奔走。劇中に映し出される子どもたちが写した写真からは、インドという国の実態が垣間みられる。その一方で、急速な発展を遂げるインドの隠れた一面に驚くとともに、売春窟から抜け出せる可能性と難しさの両面を見せつけられる。

2002年に本作の製作中、想いを得たザナは、子どもたちを引き続き援助するために「KIDS WITH CAMERAS」と称する基金を設立した。写真を学ぶことを通して社会から置き去りされた子どもたちに自信を持たせると同時に、子どもたちが撮影した写真の展示会の開催、映画祭への出品。印刷物の販売を通して子どもたちを援助する資金を作り出す基金である。現在もカルカッタと同様に、エルサレム、ハイチ、カイロへの活動に賛同する写真家を派遣し、子どもたちの援助し続けている。(以上、引用)

公式HPはこちら。


話は変わって・・・、
東京フォトついに開催!
東京フォトとは、日本初の国際的な写真のアートイベント。国内外有数のギャラリーが一堂に会し、写真作品の展示と販売をします。(東京フォト公式HP

●TOKYO PHOTO 2009
2009年9月4日(金) - 9月6日(日)
開場時間
9月4日(金) 11:00 - 17:00
9月5日(土) 11:00 - 19:00
9月6日(日) 11:00 - 17:00

会場 ベルサール六本木1F・BF
住所: 東京都港区六本木7-18-18


たった三日間で終わるのかい。 もったいない。
誰か東京に連れてってー。


[PR]
by nagaanu | 2009-09-04 14:17 | ●映画
田川気分
d0127778_4334757.jpg










d0127778_4341554.jpg







写真上 : 飯塚市庄内、夕日
写真下 : 福岡市粕屋町、運転席、携帯


7月4日より『美代子阿佐ヶ谷気分』 という映画が東京/渋谷シアター・イメージフォーラムで公開される。
1970年代に「月刊漫画ガロ」などで活躍した安部慎一の同名の傑作青春劇画を映画化したものでこれはかなり気になっている。

というのも、実はこの漫画家・安部慎一さん(59才)は田川在住。現在も美代子夫人と田川でひっそり暮らしている。
僕も過去に阿佐ヶ谷に住んでいたしガロ出身?の漫画家に好みの人が多かったりしたので
自然に「美代子阿佐ヶ谷気分」という短編集と安部慎一さんの存在は知っていたのだけれど田川の人だったなんてと僕の中では結構な事件だった。

この同名作品も安部さんが当時恋人だった美代子夫人を連れて田川から上京し阿佐ヶ谷で同棲してた頃のことを書いている。
ちなみに、映画に曲を提供している福岡出身のスパルタローカルズというバンドの安部コウセイ(Vo,G) 安部光広(B)は安部さんの息子さんである。


安部さんは現在もアックスで連載中(「田川ローカル」というタイトルで)。
まだ見たことない。マンガでなくて文章かもしれない。
タイトルがタイトルなだけに田川色が濃い内容なのだろうか?
でも残念ながらこの辺にはアックス売っていないんだなぁ。
大きい本屋じゃなくても高円寺文庫センターみたいなサブカルに強い本屋が近くにあったらいいのになぁ。
あと今月号の雑誌サイゾーに小さいけれど安部慎一さんのインタビュー記事掲載。

いつか安部慎一さんを訪ねたいと思っている。
そして、田川気分なポートレイトを・・・。
どなたか安部さんの自宅の住所をご存じの方こっそり教えて下さい。

●『美代子阿佐ヶ谷気分』(R15です)
監督:坪田義史
原作:安部愼一
キャスト:水橋研二、町田マリー、本多章一、松浦祐也、あんじ、三上寛、林静一、佐野史郎、飯島大介、飯島洋一、銀座吟八、和倉義樹、石川真希、つげ忠男、シバ、高野槇三、原マスミ、杉作J太郎、しまおまほ、東陽片岡、ダーティ工藤、寺本綾乃、岸野雄一、田渕純、ギャランティーク和恵、サミー前田




[PR]
by nagaanu | 2009-07-02 23:29 | ●映画
CONTROL
d0127778_413384.jpg


写真 : 田川郡大任町、サボテンハウス、白星と春星


田川市伊加利のお祭りの撮影のしてきました。(いつもですが上の写真とは無関係ですよ)

イベントのスナップ写真って苦手なんだなぁって改めて感じた一日でした。
それなりに撮れているんだけどモヤモヤする。
いや、ひょっとして撮れてないのか??
これは求められてるものと求めているもののギャップから生じるのでしょう。
そして商業写真をやってく上でいつもついてまわること。
といっても、仕事中でも自由自在に自分の感性を表に出せるようになっておくべき。だな。

反省すべきは真摯に反省して次に繋げていけばいいのじゃ。
よしよし。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12日の深夜にWOWOWで、写真家アントン・コービンの初監督作品「コントロール」がある。 ラッキー!
バンド、ジョイディヴィジョンのボーカルで23歳という若さで自らの人生にピリオドを打った、イアン・カーティスの映画。よく知らないけど。
ミュージシャンの伝記もの。アントン・コービンがいかにもやりそうなジャンル。
初監督でカンヌで5部門受賞はすごい!
サマンサ・モートンも楽しみ。




[PR]
by nagaanu | 2009-05-09 23:18 | ●映画
写真映画
d0127778_2272859.jpg


写真 : 直方市、遠賀川、夕焼け雲

秋の夜長に読書や映画。
いいねー。

記憶の記録。
写真関連映画をメモ。

・欲望 BLOW-UP   ファッションカメラマン。アントニオーニの独特な感じ好き。不条理。
・裏窓         ヒッチコック。望遠レンズで向かいのアパート観察。何ミリだろ?
・サルバドル      戦場カメラマン。戦争はおそろしい。
・四季奈津子      五木寛之原作。ヒロインはヌード写真を撮ってほしいと・・・。
・もっとしなやかにもっとしたたかに  カメラマンの道を捨てた奥田英二と家出少女の森下愛子。 
・マディソン郡の橋     言わずと知れた熟年恋愛映画。
・写真家の女たち      年上の写真家に魅せられて ・・・。
・恋愛寫眞          期待外れだったなぁ。安っぽいな。
・地雷を踏んだらサヨウナラ      一ノ瀬泰造の生き様を描いた青春ドラマ。 
・I Love ペッカー     推薦。意外に奥が深い・・・深読みし過ぎか?
・シティ オブ ゴッド     これもおすすめ。実録だっけ?リオは怖い。
・東京日和        アラーキーと妻陽子の話。中山美穂じゃなかったらなあ。
・愛の新世界      アラーキー出演。鈴木砂羽いい女優だ。
・女高生偽日記     アラーキー監督作品、81年。そういう時代だったんだね。
・十二人の写真家     日本写真史にとって偉大な12人のドキュメンタリー。
・ニライカナイからの手紙    蒼井優がカメラマン目指して上京。アシスタント業は少しリアル。
・ロスト イン トランスレーション     ヒロインの旦那がカメラマン。それだけの関連。
・チャパクア  66年。ロバートフランク撮影。幻のビートニク作品。豪華アーティストのコラボ。 
・毛皮のエロス      ダイアンアーバスを題材にした作品。いまいちだったな。

・一人の写真家に注目したドキュメンタリー作品は数知れず・・・。
・また、写真家が監督した映画も他に多数・・・。 

他に写真関連映画あったら教えて下さい。



[PR]
by nagaanu | 2008-10-15 00:20 | ●映画