<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
りもーとこんとろーる、おうとうねがいます。
d0127778_164743.jpg
d0127778_16473066.jpg


写真上 : 田川郡添田町、添田公園、カニ
写真下 : 田川市伊田、自宅、蒼(あおい)

よく雨が降ってる。
昼過ぎに小学校から電話で14時に下校させますとのこと。
そう、大雨のためである。
台風って訳でもないし
これはあまりないことだと思うけど、まあ、安全第一で良いのではなかろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファッション誌、「HUGE」最新号(6月24日発売)がヌード写真特集

ライアン・マッギンリー、戎康友、篠山紀信、田島一成、ユルゲン・テラー、サム・ハスキンス、ジャック・ピアソン、エディ・スリマン、沢渡朔、ヘルムート・ニュートン、、、、、。


ヌード(体)だけにスポットを絞った写真集、組写真にはあまり惹かれないなぁ。


[PR]
by nagaanu | 2009-06-30 17:12
バタフライ
d0127778_14888.jpg
d0127778_1482186.jpg
d0127778_14912.jpg


写真上 : 飯塚市多田、夕日、煙
写真中 : 田川市伊田、自宅、カーペット
写真下 : 田川市下伊田、エルシド

6月26日、

次男あおいの誕生日。 5才の誕生日。
待ちに待った誕生日。

一方海の向こう側では、いや世界中いたるところで悲しみの涙がポトリポトリ。
KING OF POP IS DEAD
現地は日付変更線をまたいで25日だが。

また一方、
初の全国ツアーのファイナルで地元田川の文化センターにIKKO参上。

またまた一方、
九州初個展で本城直季が来福。26日に二ヶ所でトークショー。
写真展も二ヶ所でやっている訳だけど行けたら行こうかな。

●[8 espressos a day] ITALIA/Bar/Honjo Naoki 本城直季・写真展
会期/2009年6月9日[火]~7月31日[金](店休日/6月15日・7月13日・20日)
会場/カフェ&ギャラリー・キューブリック(ブックスキューブリック箱崎店2F)

●本城直季写真展 ここからはじまるまち Scripted Las Vegas
会場:三菱地所アルティアム
会期:09/6/27(土)→7/26(日) 会期中休館日なし
開館:10:00→20:00
入場料一般:400円、学生:300円


本城くんのプロフィールで
「人物や建造物をミニチュアのように撮る独自の撮影スタイル」みたいに記載されるのを時々見かけるが、
あたかも本城くんが編み出して確立した表現方法みたいに誤解するので訂正した方がいいと思う。

ティルトシフト撮影(逆アオリ)は昔からある手法だし、
既に(本城くんの以前より)その手法で人物や建造物をミニチュアのように撮って発表している海外の作家もいる。世界的に知られてもいる。一人や二人じゃない。
僕は同じ手法を使っているというだけで盗作だとかマネだと言いたいんじゃないし、
絵的に似てもコンセプトが違うだろうし、日本の写真家として負けてほしくもない。
ただフェアにやってほしいなぁ。
一番悪いのは日本のメディアなんだろうけど。
今の時代、こそこそやって盛り上がるのは文化レベルの低い国のやること。
やっぱり日本はその程度なのか?


[PR]
by nagaanu | 2009-06-27 23:58
雲との対話、ウォーターダスト。
d0127778_103023100.jpg


写真 : 田川市伊田、自宅、DMの束

DMできたー。
なんとか自力で、ネット注文で、完成した。
学生の時以来のイラレに苦戦も人並みのものまでは何とかできたと思う。
ホッとした。

次何か印刷物作る時は時間あればちょっと遊べるだろうな。
今回は余裕なかったな。
でもいい経験した。

さぁ、問題は展示。
まだ頭の中は霧に包まれた状態です。



[PR]
by nagaanu | 2009-06-23 10:49
イルカとクラゲ
d0127778_4424031.jpg
d0127778_443226.jpg


写真上 : 田川市伊田、自宅、蒼(あおい)
写真下 : 田川郡福智町、田んぼ、炎

梅雨らしくなってきた。
油木ダム回復するかな。
ジメジメするのは嫌だけど水不足は困る。

もうすぐあおいも5才。

5才の頃の自分に会ってみたい。
あまり記憶にない。

[PR]
by nagaanu | 2009-06-21 23:41
26×26×26
d0127778_2534563.jpgd0127778_2542389.jpgd0127778_2544511.jpg



写真 : 直方市大字直方、直方市石炭記念館、あおい

最近、東京にいる友人が写真集を刊行した。


僕は東京にいた7年のうち6年をスタジオマンとして過ごしたし
そうでなくても日常からして写真バカなので当然東京にいる僕の知り合いと言えばほとんどが写真に携わる人。
その中でも彼は特別な存在。


もう10年以上も前の学生の頃の話・・・。
僕の初めての写真展は二人展だった・・・。

大学で同じ学科の彼とは唯一好きな写真や映画の話ができた。
ある時僕は天神で小さなフリースペースを見つけ一緒に写真展をやらないかと彼を誘った。
二人で普段撮りためていたサービス版のプリントをコンビニでカラーコピーして展示した。
そんな二人展が写真の道に進むかどうか迷っている僕の背中を押してくれた。
僕にとってはあれは小さなデビュー。

卒業後就職して二人とも上京、僕は写真のスタジオマン、彼は設計。
このまま別々の道を歩んで行くと思われたが、数年後、彼は会社を辞めて写真の道へ合流。

・・・・でお互いにいろいろあって今に至る。

本当にいろいろあったなぁ。

とにかく写真集刊行おめでとう!
嬉しい。
先を越されたけどこれはまだ通過点(でしょ?)。
部数が少なくても薄っぺらでもあれはまぎれもなく写真集。
すごいことだよ。

●清永洋、初の写真集  Frost

B5変型 | 36頁 | 並製本 | 初版400部限定 | 定価:2,350円
frost
[カナ]フロースト、フロスト 【名】霜、寒気、厳寒、凍結 【自動】霜が降りる

清永洋による初の単独写真集。
彼が厳寒期の東北各地を巡る中で、撮りためた写真群。
それはネイチャーフォトに頻出する形容、「雄大なる…」、「圧倒的な…」
「残酷なまでの…」、「…との対峙」などではなく、
場所や時間、天候含めた、ただそこにある当たり前の風景が切り取られていた。
※エディションナンバー打刻
※アーティストサイン付き
(出版元、PANORAMAのHPより)
・清永洋HP

[PR]
by nagaanu | 2009-06-19 23:53
ANT'S STRATEGY
d0127778_31342.jpg
d0127778_351537.jpg


写真上 : 田川市伊田、石炭記念公園、蟻の行列
写真下 : 田川市魚町、ドローイング、ガラス、自分


今日は小学校の授業参観で「保健」だった。
思春期前の小学4年生恒例?の一コマ。
僕の時は男女別でビデオ観たような記憶があるけど・・・、
男女一緒な上にクラスも合同(2クラスしかないけど)で授業参観なオープンさ。

先生たちも大変だなぁとか思いつつ
親がこの授業を見ておけば、家で「性」の話がしやすくなるしきっかけにもなるかな。
そこまで考えてのことだろう。
ありがとうございます。

そろそろ異性のことなど気になりだすお年頃、と言ってもまだまだ純粋。
返答に困るストレートな質問がいつ飛び出すか分からない。
考えとかないと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金村修さんが初エッセイ集を発売。
 ●『漸進快楽写真家』  四六判/148頁/価格1,680円(税込)/2009年5月22日発売
興味がないことなんてやらない
25歳でミュージシャンをやめ、写真を始めた青年は、ほどなく世界から注目を集め、国内の写真賞も次々と獲得する。ただ、自己の欲求に忠実な姿勢は、その後もずっと変わらない。気鋭の写真家が放つ、心やさしく挑発的なメッセージ。(青山ブックセンターHPより)


心優しく挑発的なメッセージか・・・ふふっ、金村さんらしい。
金村さんのトークは協調性が無くて撮る写真に似てる気がした。
どんな文章書くんだろ?おもしろそうだな。
買いたいけど最近本買い過ぎで読みかけも多いので保留ー。

トークと言えば、こんなのもあるらしい。
金村修×吉野英理香トークイベント 「引き返せない場所に行く」
■2009年7月4日(土)18:30~20:30(開場18:00~)
■会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
■定員:120名様
■入場料:700円(税込)


東京にいたら時間とお金いくらあってもキリがないな。

[PR]
by nagaanu | 2009-06-18 23:49
NNN おきてますか?
d0127778_16521522.jpg


写真 : 田川市伊田、自宅、ポラ②(2003)

写真だけでも更新したいんだけどあっという間に時間が過ぎる。

写真を(と言ってもポラ)額に入れて部屋に飾ってみました。
個展とは関係ないものだけど何となくウォーミングアップしてる気もする。
たぶん額は使わないけど。

DM印刷のデータ入稿終了。


今日はオーストラリア戦か。
W杯は決まってるけどこれで一点差でもいいから勝つのと引き分け以下では全然感じが違うなぁ。
なんてったって相手はあのオーストラリア。
いざリベンジ!


[PR]
by nagaanu | 2009-06-17 17:09
虹ヶ原 ホログラフ
d0127778_523411.jpg








d0127778_524797.jpg


写真上 : 福岡市博多区、東平尾公園(博多の森)
写真下 : 田川市伊田、自宅、仏壇


尾仲さんのアーティストトークに行ってきました。
結構人来てたなぁ。
直方でもやる人がやれば人は来るのか。

森山大道の弟子だったなんて知らなかった。
そう言われればスタンスみたいなところで重なる。
放浪と記憶と写真。
いろんな人に師匠に作風が似てると言われて焼きや印画紙、現像液を変えていったと。
挙句の果てにはモノクロからカラーに。
その呪縛から逃れる為。

海外での評価は師匠の七光?って言ったら失礼か。
なぜうけるのだろう?
あのノスタルジックな感じは世界共通?
それとも禅やわびさび、サムライ魂のような日本の文化に通ずる?
本人も言っていたけど不思議。

尾仲さん、、
気さくな感じと気持ち派手な柄物のシャツ、ひとつぼの公開審査のときの雰囲気そのまま。
話を聞いていると頑固なところが見え隠れ。そこも変わらず。

明日はトーク、ワールド編。
行けるかな。


サッカー日本代表、ワールドカップ出場決めてくれました。
よかったよかった。
今度こそ決勝トーナメントに進んでいい試合を見せて欲しい。
期待してます!


[PR]
by nagaanu | 2009-06-07 05:56