<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
光のしずく
d0127778_11194100.jpg
d0127778_11191349.jpg


写真上 : 飯塚市、ロイヤルホスト
写真下 : 新幹線のぞみN700系、青不動明王



福岡写真展情報です。

●盛 広樹 写真展 「ムギノミノリ」

期日:2010・2・8~2・21
場所:アートスペース獏

日常の生活、何処ででもみれる風景、情景、人を何気なく撮っています。
その根底には浪漫チックが溢れています。


盛 広樹プロフィール
1978年:鹿児島生まれ
2003年:九州産業大学芸術学部写真学科卒業
2003年:六本木スタジオ入社
2005年:カメラマン半沢健氏に師事
2008年:フリーランスとして活動
2010年:アートスペース獏で初個展


六スタから半沢さんのところに行ってのフリー・・・。
きっと色んな経験されての初個展。
見てみたいな。
がんばって下さい!





[PR]
by nagaanu | 2010-02-09 11:44 | ●福岡写真展情報
北北西に進路を取れ
d0127778_13393134.jpg


写真:築上郡築上町大字弓の師、メタセの杜、草




福岡の写真展情報です。

●平川雄一朗 写真展「北へ向かう」

会期:2010年2月11日~23日(水曜定休)
会場:カンディハウス福岡ショールーム 入場無料
   福岡市博多区博多駅前3丁目30‐15大京ビル1F
   092-432-0033

オープニングトーク
平川雄一朗&須藤一博(カンディハウス福岡) 参加無料
2月11日昼の部15時~、夜の部18時~
会場:カンディハウス福岡ショールーム 



平川さんはalbus (アルバス写真ラボ)で講師をしておられます。
去年11月にアルバスさんで個展をされてました。
新作の旭川で撮影したという写真が見てみたいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●「Leaving Fear Behind」上映会 in 田川市

日時 2010年2月7日 19時
会場  altanative space haco (福岡県田川市大字伊田2721)
主催 チベットを知る会
企画 terror city tagawa
協力 SFTJapan
入場料 300円


2007年10月から2008年3月にかけ、チベット在住のトンドゥプ・ワンチェンと 助手のジグメ・ギャツオの2人がチベット各地で極秘にインタビュー取材した VTRを、ワンチェンの従兄弟であるスイス在住のギャルジョン・ツェトリンが 編集し、25分のネットムービーとして公開された映像。
原題はチベット語で 「ジグデル」(=恐怖を乗り越える)。
チベットに住むチベット人が北京五輪に対してどう感じているのか、置かれて いる政治的状況をどのように考えているのか、強制移住や中国政府による資源 収奪の実態、教育・文化面での抑圧などを、インタビューを通して赤裸々に 伝えている。



上記は引用です。
会場(haco)では、サラダはじめました展「episode」がご覧になれます。




[PR]
by nagaanu | 2010-02-04 14:18 | ●福岡写真展情報
彫刻の時空へ
d0127778_10131499.jpg


写真 : 築上郡築上町大字弓の師、メタセの杜、探し犬クイーン

もう二月。
一月はいつものごとくあっという間に過ぎ去りもうすぐ嫌な花粉の季節。


さて、昨日は田川市美術館であった東島哲さんの木版画ワークショップに参加してきました。

あるイメージに向かって木を削る作業は時間を忘れる。
版に色を置いて刷り上がりを見る瞬間のドキドキは、
現像液の中で像がじわじわ出て来るのを見る瞬間と同じドキドキ。
おもしろかった。

また、
東島さんとそんなに年が離れていないことや
この企画が知り合いの佐土嶋さんのものだったりしたので(かな?)
ワークショップをやる側の立場・方法についても考えさせられたりした。
そんなことも含めていい経験になったと思う。
ありがとうございました。

最近写真の教室やワークショップも多いし
「僕なら、、、」、「写真なら、、、」と物思いにふける機会も増えてきた。 必然かも。

東島哲(ヒガシジマサトシ)展は7日(日)までやってます。
田川市美術館で入場無料です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花代・写真展「物理的心霊現象のメカニズム」

■会期:2010年2月11日[木・祝]〜3月8日[月]
■月〜金/13:00〜20:00 土日祝/12:00〜19:00
■水曜休館 ■入場料:500円(併催の清水真理・人形展と共通) 

■展覧会 会場:parabolica bis[パラボリカ・ビス]
■東京都台東区柳橋2・18・11 
■TEL: 03-5835-1180





[PR]
by nagaanu | 2010-02-01 11:11 | ●田川アート情報